レミリアと咲夜が美味しい季節になりました
xxSEARCHxx
プロフィール

Fランク

Author:Fランク
東方に関して色々やってます

メール:franksschucchu☆gmail.com
☆を@に変えてどうぞ

東方創想話ジェネリック等にてSSを投稿しています
自分の作品ページ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
リンク
アクセス数

最近の記事


スポンサーサイト

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

『完全に血が不味い従者』投稿

2011/08/27 20:05/Sat
今回東方創想話ジェネリックに投稿した作品についてあれこれ語りたいと思います。
脱線気味。


今回の話は自分の過去作である『紅い歴史の観測者』で書けなかった、咲夜の一つの答えを書いた作品になります。
運命って出会ったその時感じるものじゃないと思うんですよね。少しずつ距離を詰めて、温めて、いつの間にかなんともなかった出会いが運命的出会いに変わっている。そんなお話でした。
自分の今凄く大切にしている方も、最初は明け方遊んでたら変な酔っ払いに絡まれただけだったので、運命的出会いもその時はそんな大したものじゃないのかななんて思っていたりしてます。

さて今作は宣レミ咲師ことまぷさんの影響もかなり大きい作品になったと思います。タイトル然りラストシーン然り、個人的にはかなり気に入った作品であり、前作同様に納得のいく形には仕上げられたと思います。
ラストシーンは二人の仲を考え、敢えて説明を省きました。何故レミリアが血を不味いと言い、その事に咲夜が喜んだのか……少しでも考えて頂けたなら嬉しいです。

レミ咲は書いてて物凄い楽しいです。今回は筆が止まらず、今までで一番スムーズに完成出来た作品ですね。
自分の作品って誰かに楽しんでもらおうとは考えているのですが、それ以上に自分が書きたい! 自分が楽しめる作品が書きたいって思ってるので、何時も他の人に楽しんでもらえてるのかなって不安に思っていたりします。
実を言うと前回のレミ咲では友人に「咲夜の動機が不明瞭だった」「なんでこの二人ちゅっちゅしてるん?」「これはレミ咲好きのレミ咲好きによるレミ咲好きのための物語だよね」「諏訪子の下りが一番面白かったよ!」と言われ、結構思うところがありました。
永夜抄Exであんなやり取りしてるんだからレミ咲はちゅっちゅなんだよ!! と言いたかったですが、中々そうはいかないもんなんですね……。
自分はそういうスタンスなのかなぁと少し反省しつつも、根源は変わらないつもりで原作掘り下げものでこれからも書けたらなって思ってます。
今回の話で咲夜に重きを置いたのは、友人達の感想があったのもあると思います。 が、それ以上に自分が書きたくて書いたって感じでしたね。

次回作はレミ咲から離れて少し長編書いてみようかなと考えてます。ねちょい作品も久しぶりに書いてみたいなと考えているのですが、うむむどうなることやら。
レミ咲大好きなんですが、レミ咲のねちょ……特にお互い指が触れちゃうだけでドキドキしちゃう初心な行為って、見ててきゃーなにこれーってなってしまい大好きなんですが、恥ずかしいんですよね。ねちょいレミ咲は自分書けないんじゃないかなとぼんやりと考えてます。その辺はその手のプロに任せる次第ですね。

毎日のようにぐちゃぐちゃと頭の中で妄想しているので、最近ブログも放置気味ですしこういう記事増やすのもありかもしれませんね(?)
好き勝手書いてしまった記事になりましたが、読了して下さった読者様、レミ咲クラスタの皆様ありがとうございました。
スポンサーサイト
CATEGORY:自分の活動 | CM(-) | TB(-) |
xx ホーム xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。